温度計の校正といったらこの方法

温度計 と一口に言っても、様々な種類と用途があります。液体の膨張原理を利用したガラス温度計に、中高温を計測する温度センサーとして最も多く用いられている熱電対、常温付近の温度測定に長期的な安定性を発揮する白金測温抵抗体、堅牢で数値指示を読み取りやすいバイメタル温度計など非常に多岐にわたる温度計ですが、どの形態でも言えるのは、正確性を堅持することが必須です。このためには、定期的な校正作業を行う必要があります。温度計の校正には主に4つの方法があります。それは、標準温度計を使う方法、毎年新品を購入する方法、複数の温度計を同じ環境で図る方法、そして校正技術を習得したものの手で適正な手順を踏んで校正する方法です。とはいえ、他の温度計に頼る最初の3つの方法は、購入コストや管理コストがかかるというデメリットがあります。やはり、責任の所在をはっきりさせる意味でも校正技術を持った人が校正するのがおすすめです。

温度計 の校正作業は品質管理作業でもあります

温度計 の信頼性は、メーカー企業や研究機関における生命線とも言えます。温度計の精度が低ければ、最適な品質管理を行うことが困難となり、場合によってはトラブルやリコールにもつながるため、精度の保持は成果物の品質を保証する作業ともいえるのです。その証明ともいえることに、 各産業界における規格や法律などにおいて、温度計の校正は必須要求事項として多く定められています。例えば航空宇宙のジャンルにおいてAMS 2750規格では、熱処理炉の運用や管理において熱電対の仕様と校正について細かく規定されていますし、食品ジャンルにおいてHACCPの規格のもと温度は重要管理項目となっており、モニタリング機器の校正が妥当性の保持に必須であると定められています。これらのことからも、温度計の校正に対する重要性がうかがえますね。

温度計 の校正は安心のMRA対応認定事業者へ

校正は、社内でも出来ます。沸騰したお湯を100℃、氷水を0℃として、指示値の正確性を確認する方法が簡単かつ一般的です。しかしながら、まったく失敗がないということは言い切れませんし、なにより正確性を証明するのは難しいものです。そこで、プロによる校正をおすすめします。ISO認定などにおいて必要な項目として、機器類の精度保持や品質管理に関する規定などにおける温度計 の校正の精度についての保証は、校正を知り尽くした専門家による作業の証となる証明書などの発行によって信頼性が増します。なかでもMRA(Mutual・Recognition・Arrangement)への対応を認定された校正者であれば、多国間の相互承認のに基づき国際的な基準での校正をなされた旨の証明となります。