デジタル温度計などの校正の方法を紹介します

製造業者、試験研究期間を始めとした産業界、一般社会での計測値の正確性と信頼性を維持する為に、温度計 の校正が必要とされます。食品の殺菌温度、医薬品の合成や保管温度、製鉄所での溶鋼温度、プラントでの化学反応温度、発電所の冷却水壁管温度、自動車や航空機の部品熱処理温度が正確でないと、大トラブルに繋がる危険性があります。また、製造業者の信頼を失う危険性もはらんでおり、社会的影響を及ぼす可能性も大きいです。その為、温度計 の校正を行うことが必要です。各産業界に関連する法律や規格、品質マネジメントにおいても、温度計 を校正することが必須事項です。計量法に基づく校正機関としての登録を取得し、ISO/IEC17025に基づいてMRA対応認定事業者の認定を取得した機関による校正が求められます。

温度計 の校正を行う仕組みとは

平成5年11月に改正された計測法によって計量法校正事業者登録制度 (JCSS)が導入されました。独立行政法人産業技術総合研究所によって行われる標準供給。独立行政法人製品評価技術基盤機構認定センターによって行われる登録事業者の審査登録。この2つがその仕組みとなっています。JCSSの対象になる校正を行う時の源になる国家計量の標準は、計量法に則って、産業界のニーズと計量標準供給体制の整備状況を鑑みた上で、経済産業大臣が指定を行います。独立行政法人産業技術総合研究所、日本電気計器検定所や経済産業大臣の指定をした校正機関は、指定された特定標準器また、特定標準物質を用いて、登録業者に対して独立行政法人 産業技術総合研究所、日本電気計器検定所や経済産業大臣が指定をした指定校正機関は、指定がされた特定標準器や特定標準物質を用い、登録業者に対して温度計 の校正などを行います。

温度計 の校正が行われることのメリット

計量法校正事業者登録制度によって温度計 が校正されることのメリットは、第三者の審査登録機関が事業者の技術能力や品質システムが信頼性を持つものであることを保証し、登録事業者が発行するJCSS標章付きの校正証明書は日本の国家計量標準にトレーサブルであることを証明し、信頼性があることの現れでもあります。その為、他のトレーサビリティ証明書などの文書を必要としません。MRA対応認定事業者が発行する証明書は、海外においても信頼性を持ちます。計量法校正事業者登録制度の認定機関であるIA Japanは国際的な試験所機構のILACとAPLACにおけるMRA(相互承認取決)に署名しています、そのためMRA対応認定事業者が発行する校正証明書は世界の主な国において受け入れられています。

公平な電気取引を実現するため、他社との違いより厳密で適正な検定・検査を公正中立な第三者機関として日々努めています。 当社では、電気メーターや計測器の検査や査定に多くの経験と実績を積んだ担当者が公平中立に行なっています。 創業120年以上を誇る経営力と、信頼と実績を積み重ねた確かな技術力で、これからの日本産業の発展に貢献します。 温度計の校正ならJEMIC